2012年2月7日火曜日

【iPhone/Androidアプリレビュー】Google+:GoogleのSNS公式アプリ。もっと気軽に+1ボタンを押してみよう!

Share to Hatena
今回は、iPhone/Androidアプリ「Google+」のレビューです。
レビューと言ってもアプリの使い方についてではなく、Google+の特徴についての考察がメインです。
(iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 4.0 以降が必要、Androidの要件は端末により異なります。)

Google+」は、Googleが提供するSNSサービスで、2011年6月から招待制限定でスタートし、2011年9月に一般公開されました。

Tech Crunchによると「2012年1月にはユーザーが9000万人を超え、利用者のうち6割が1日に1回以上、8割は1週間に1回以上使っている」サービスです。

私はTwitterFacebookをメインに利用しており、Google+も招待制の時に登録してみたものの、なかなかTwitterとの使い分けができずにあまりログインしない状態が続いていました。

しかし、当ブログもGoogleのBloggerを利用しているということもあり、Google+との連携機能が強いという面もあるので、少しGoogle+の長所について見直してみることにしました。

まずはiPhone(iPadは互換)とAndroidそれぞれのアプリがリリースされているので、日本で販売されているほとんどのスマートフォンで利用することができ、さらにAndroid版の場合はAndroid OSとの連携により「インスタントアップロード」という機能が利用できます。

この「インスタントアップロード」とは、Androidスマートフォンのカメラアプリで写真を撮影したら、自動的にGoogleのサーバ(Picasaウェブアルバム)に写真がアップロードされるという機能です。

と言っても「インスタントアップロード」のアップロード先は非公開アルバムとなっており、自分のGoogleアカウントとパスワードを入力しない限り見ることはできません。
Google+の投稿で写真を添付するには、該当写真を選択して公開する必要があります。
Google +1ボタン
Google+の基本的な情報は、はてなキーワード公式サイトなどを参照頂くとして、私がGoogle+で良いなと思っているのが「+1ボタン」です。

当ブログでも、タイトル下部と記事下部の2箇所に追加していますが、Twitterで言うところの「RT」、Facebookで言うところの「いいね!」ボタンに相当します。

Twitter・Facebook・Google+のどれか1つしかアカウントを持たない場合は、迷うこともないのですが、複数SNSに登録している場合(当ブログ読者の方には多いと思います)は、どのボタンを押すべきか迷ってしまい、結局押さない。という経験がある方も多いのではないでしょうか。

少し、それぞれのボタンの違いについてまとめてみました。

・Tweetボタン
…非公式RTと近い機能。ツイートは自分のTLにも表示され、フォロアーのTLにも表示されるため、記録に残すという意味で最適。
Tweetボタンは自分とフォロワーに共有する

・いいね!ボタン
…デフォルトのプライバシー設定を適用している場合、自分のウォールに履歴として残るが、自分のニュースフィードには表示されない。友達・フィード購読者のニュースフィードには表示される。
いいね!ボタンは友達とフィード購読者に共有する

+1ボタン
…Twitterの「Favorite」に近い機能。ボタンを押すだけではGoogle+アカウントのストリームには投稿されないが、共有してストリームに投稿することも可能。
+1ボタンはお気に入りのイメージ
ということで、+1ボタンはブログを読んで「良い記事!」と思った時に、最も気軽に押せるボタンということが言えるのではないでしょうか。

Tweetボタンいいね!ボタンと違い、自分にも友達にもリアルタイムで共有する訳ではないので、ブログの投稿者に対して読者として直接「良い記事ですね!」と伝えることができます。

逆に「この記事はたくさんの人に見てもらわなきゃ!」と思った時には、迷わずTweetボタンいいね!ボタンを押してください(^^)

TwitterやFacebookでは、自分と意見が近い方の投稿を見る傾向が強いこともあり、情報の信頼性が高いので、自分が「良い記事!」と思った時は、フォロワーさんや友達も「良い記事!」と思うことが多いように感じるので、情報提供としても有用です。
各ボタンには特徴があるので、使い分けが必要です

さらに、+1ボタンのもう一つのポイントが「Googleの検索結果に+1が反映される場合がある」ということです。Googleの説明によると、
必要な情報を適切なタイミングで共有できるのが +1 です。あなたがおすすめ情報に付けた +1 は、友だちや知人、その他のユーザーが Google で関連情報を検索したときに表示されます。すぐにコミュニケーションを始めたいときには、Google+ で関心を示しそうなサークルを選択し、簡単に投稿できます。
これは+1された記事が、+1されていない記事よりも検索結果が上位になる可能性があり、読者としては気軽に+1しつつ、該当記事のGoogle検索に貢献できるという、とても便利な機能だと思います。

Googleの検索結果の順位に+1が反映
画像出典:Google
といったところで、Google+そのものよりも+1ボタンについての内容が多くなってしまいましたが、当ブログもせっかくBloggerを利用しているので、Google+を積極的に使ってみようと思います。

Google+ App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料


※価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※平成24年2月7日現在の情報です。