2021年10月6日水曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Sep, 2021)テーマは「9月に発表される新製品or新サービスについて!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年9月の定例会は「9月に発表される新製品or新サービスについて!」ということで、毎年恒例の新製品発表会でリリースされた製品等を見ていきました。

今回のテーマは、California Streaming ということで、iPad / iPad mini / Apple Watch Series 7 / iPhone 13 / iPhone 13 Pro などが発表されました。

新しい iPad は A13 Bionic を搭載し、3万9,800円からでベースグレードの容量が64GB になりました。
超広角の122度・1200万画素の新しい前面カメラが搭載された事で、Center Stage に対応し、動画内の人物を自動検出し、人が動くと追尾してフレームを自動調整してくれるそうです。
TouchID ボタンが搭載されているので、指紋認証でロック解除したい場合になど役に立ちそうですね!

そして iPad mini は、Liquid Retina ディスプレイが採用され、画面サイズが8.3インチと大きくなりました。
また、USB-C ポートが搭載されるため、周辺機器との接続もアダプタを介する必要が少なくなり、かつ 5G 対応でネットワーク性能も上がっているようです。

メンバーの yoruさんは、今回 iPad mini 64GBモデルを購入されたということで、iPad Pro 11インチからの乗り換えになります。
iPad mini を選ばれた理由として、漫画を読むのに手軽で SideCar でも使える(動画の編集後の画面を SideCar 側で見ることができる)事を挙げられました。iPad Pro の買取価格くらいで買えそうだったのもポイントだったようです!
定例会のようす

Apple Watch Series 7 は、デザインが変更になりスクリーン面積が約2割大きくなっています。ベゼルはわずか1.7mmということで、実物を見るとはっきり違いが分かるレベルなのではないでしょうか。
また、急速充電の USB-C ケーブルに対応することで、前モデルより最大33%の高速充電を実現。8分充電するだけで8時間の睡眠トラッキングが可能とのことです。

そして iPhone 13iPhone 13 mini
こちらもディスプレイが大きくとられ、ノッチが前モデルより2割ほど小さくなったようです。
A15 Bionic チップが搭載され、有機 EL ディスプレイが採用。GPUは4コアで、グラフィクスの処理も競合トップより最大30%高速とのことです。
また、16コアの Neural Engine が搭載され、機械学習専用アクセレレーターの性能が向上し、毎秒15兆8000億の処理ができるそうです。
シネマティックモードという映画のような映像が撮影できる機能が搭載されたり、バッテリーの持ち時間も前モデルより向上しています。

最後に、iPhone 13 Pro  iPhone 13 Pro MAX 。
チップは A15 Bionic なので無印と同じですが、GPUは5コアということで、無印より1個多くなっています。
また、ディスプレイが新しくなっており Super Retina XDR ディスプレイということで、ピーク輝度は前モデルより25%高い1000ニトとのことです。
Pro モデルの特徴である望遠カメラは77mmを搭載し、3倍光学ズームを実現。マクロ撮影にも対応できるようになりました。


以上、9月の定例会の報告でした。

次回10月の定例会は、10月16日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「iOS 15 / iPadOS 15 / watchOS 8 について!」ということで、先日発表されリリースされている各OSの新機能等について見ていこうと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年10月6日現在の情報です。

2021年9月3日金曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Aug, 2021)テーマは「楽天モバイル・LINEMO について!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年8月の定例会は「楽天モバイル・LINEMO について!」ということで、西田さんに使用感や対応エリア、ダブルSIM運用などのユーザーの声をお届けして頂きました。

東京で4月に楽天モバイルを契約され、7月に長崎に戻ったら実家(赤迫近く)で使えるようになっていたそうです。スピードは16Mbps(下り)、6Mbps(上り)。Zoomでも使えており、速い時は下り20~30Mbps は出るとのこと。

また、もともとソフトバンク10年くらい契約されていたそうですが、今年の4月にLINEMOに契約変更されたそうですが、スピードはほぼ変わらなかったそうです。
オンラインでSIMロックを解除して、送られたSIMに差し替えて、電話で回線切り替えしたらすぐにLINEMOになり、東京では下り20~30Mbps出るそうです。
お仕事の動画ファイルはだいたい4~5GBあるそうですが、アップロードには楽天モバイル使われているようです。

西田さんは、ソフトバンクの半額サポートでiPhone 12 Pro MAXを12ヶ月ローン組んでおられたそうで、元値は15万円だが、7.5万円で買えるプランだったようです。ただし、2年後に端末を返却して、その後またソフトバンクで機種変するのが条件で、今回はその縛りがあるので一括購入に変更したとのこと。
ソフトバンクからLINEMOにすると、MySoftBankが使えなくなるのが注意で、LINEMO専用のアプリになり、オンラインでソフトバンクと連絡取れなくなり、半額サポートのコースを一括購入に変更するのもオンラインで対応できなくなったそうです。

定例会のようす

また、楽天モバイルがiPhoneの半額サポートを始めたようで、これも2年経ったら返却する必要があるそうです。ソフトバンクもauも半額サポートやっているが、回線契約とは切り離しており、2年間リース契約しているイメージですが、ただし端末代金が半額になるのが魅力です。

現在、SIMはeSIM(楽天MINIは、eSIM のみ対応)で契約しているそうで、楽天ブランドのスマホをヤフオクで7千円で購入されたそうですが、中古のため電池が半日しか持たないので、こちらは家でルーターとして使っているとのこと。
楽天の良いところは、楽天リンクという固定回線にかけられるアプリがあるため、1年間の無料プランで試しに使っているそうです。

iPhoneにはダブルでSIMを挿すことができるため、iPhoneに物理SIM挿して、楽天モバイルはe-SIMにされており、通話はメインのキャリアにして、パケットは無制限の楽天e-SIMにすれば、容量を気にせずに安価で利用できるとのこと。
1端末で仕事用とプライベート用で分けられ、かつメインとサブは随時切り替えができるので便利に使えるそうです。

楽天モバイルは契約時にかかる事務手数料などは無料で、長崎市は浜の町にしかないが、店頭で手続きしてくれるそうで、設定料金も無料・解約料も無料で、いつ解約しても問題ないそうです。
今、楽天モバイルに入ると、3ヶ月間無料のため、試しにe-SIMでオンラインで契約してみるのも良いかも知れません。追加で1,000円払うと、自分の好きな電話番号の下4桁「070-xxxx-xxxx」を取得できるそうです。


以上、8月の定例会の報告でした。

次回9月の定例会は、9月25日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「9月に発表される新製品or新サービスについて!」ということで、毎年9月に発表される新製品や新サービスについて見ていきたいと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年9月3日現在の情報です。

2021年8月5日木曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Jul, 2021)テーマは「新型 AppleTV 4K について!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年7月の定例会は「新型 AppleTV 4K について!」ということで、私が数年ぶりに買い替えた新型 AppleTV について、新機能や使い勝手など見ていきました。

今回の AppleTV 4K(第2世代)は、A12 Bionicチップ搭載で、本体デザインは第1世代とほぼ同じ。サイズは縦横が98mm×高さが35mmで重量は 425g となっています。

容量は、32GB と 64GB の2モデル構成で、32GBモデルが21,800円(税込)、64GBモデルが23,800円(税込)と、2千円で容量は倍違いいます。ただ、AppleTV で容量が必要になるのはゲームのダウンロード等が中心で、映像のストリーミング中心なら32GBモデルでも充分と言われます。実際私も32GBモデルを選びました。

第1世代のユーザーが比べたところ、起動時間やアプリの操作感など、大きくは変わらないらしいのですが、HDMI 2.1搭載によりハイフレームレート HDR 再生に対応し、ドルビービジョンを含む最大4K/60fps のハイフレームレート HDR コンテンツの伝送が可能になりました。HDMI CECeARC/ARC をサポートしています。

今回のモデルで一番注目されているのが、完全に新しくなった専用リモコン「Siri Remote」です。アルミニウムのユニボディで電源ボタンが新たに配置され、単体でも6,500円(税込)販売されており、第1世代 AppleTV 4K でも利用可能です。

クリックパッドコントロールを搭載し、上下左右のスワイプと押し込みに対応。クリックパッドの外周はジョグコントローラーになっていて、往年の iPod ライクな操作性が特徴です。
今は YouTube など非対応アプリもありますが、動画のスクロールサーチの時などにも便利です。
定例会のようす
また、今回からtvOS 14.5以降の新機能として登場した、自動カラーバランス調整について。
テレビの HDMI 入力の画質を、HDTV 規格の業界標準である D65(6500K)に自動調整するもので、Face ID を搭載した iPhone が必要です。なお、こちらの機能は映像を高画質化する訳ではなく、D65 基準に合わせるのが目的なので注意が必要です。また、Apple TV を接続している HDMI 入力の映像だけに影響し、通常の TV 出力の映像には影響しません。

今回搭載された、A12 Bionic チップは、ゲームのような負荷の高い処理に影響し、Apple Arcade も少しずつタイトルが充実していけば、AppleTV の使い方も変わってくるかも知れません。実際、PlayStation 5 用の Bluetooth コントローラーは接続可能になってきており、対応するサウンドバーなどあれば、Apple Music のドルビーアトモスによる空間オーディオにも対応可能です。
 

以上、7月の定例会の報告でした。

次回8月の定例会は、8月21日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「楽天モバイル・LINEMO について!」ということで、西田さんに使用感や対応エリア、ダブルSIM運用などのユーザーの声をお届けして頂きます。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年8月5日現在の情報です。

2021年7月5日月曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Jun, 2021)テーマは「WWDC 2021について!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年6月の定例会は「WWDC 2021について!」ということで、2021年6月8日に開催された WWDC 2021 で発表された内容を見ていきました。

今回は iOS 15 や iPadOS 15、macOS Monterey や watchOS 8 など、様々な Apple 製デバイスの OS のアップグレードが発表されたため、それぞれの詳細は今秋にリリースされた際に詳しくデモするとして、代表的な新機能について見ました。

◯iOS 15
iPhone 6s 以降(第一世代 SE も含む)に対応し、「FaceTime の強化」が特徴の一つとして挙げられます。コロナ禍で一躍知名度を挙げた「zoom」等のビデオ会議アプリケーションに対応するため、「FaceTime Link」として登場し、Android や Windows PC もブラウザで参加可能になるようです。
通信中のデータは End-to-end で暗号化され、周辺環境のノイズ低減のための Voice Isolation 機能や、通話相手と音楽や映画を共有視聴できる SharePlay 機能も追加されるという事で、楽しみですね!
その他、iOS では通知の自動まとめ機能である「Notification Summary」や、写真アプリで撮影写真に含まれる文字(手書き含む)を認識しテキスト変換する「Live Text」機能、Safari には画面下部にタブをフロート表示させる「タブ・バー」「タブ・グループ」が追加されるようです。

iPadOS 15
iPad 第5世代以降、iPad mini 4 以降、iPad Air 2 以降、iPad Pro は全機種対応し、iOS 15で導入された機能は iPadOS にもほぼ搭載されるようです。
iPadOS では、マルチタスク機能の強化が特徴として挙げられ、外付けキーボードでのショートカットキーでのマルチタスク関連操作が可能になったり、ホーム画面でもアプリアイコンとウィジェットの混在が可能になるようです。
また、メモアプリ強化では「Quick Note」という機能が追加されるようなので、こちらも今秋にどなたかデモして頂けると嬉しいです!
定例会のようす
 ◯macOS Monterey
時期 macOS の名称は「Monterey」という事で、こちらは映画「エデンの東」の舞台となった場所で、前バージョンの元になった「Big Sur」がある地域のことのようです。
Monterey では Mac と iPad の間でキーボードとマウスをシームレスに使える「Universal Control」という機能が追加されたり、iPad の画面や音楽を Mac に転送できる「AirPlay to Mac」も追加されるようですので、こちらもリリースされたらサブ機にインストールしてデモしてみたいと思います!
 
watchOS 8
Apple Watch Series 3 以降に対応。瞑想アプリ「Breathe」の強化や、睡眠追跡機能が強化され睡眠時間・心拍数・血中酸素濃度・呼吸数を取得し Health アプリに取り込まれるようです。
また、ワークアウトアプリに太極拳とピラティスが追加されたり、ポートレートモードで撮影された写真を切り抜いて待受画面に表示できる「Portraits watch face」機能が追加されるとのことです!
 
その他
iCloud の新しいサービスとして、ユーザの死去後にアクセス権を信頼できる相手に託せ「Digital Legacy Program」が始まるようです。本人が生前に自ら、後を託す相手を指名しておく必要があるものの、終活のひとつとして使われるかも知れませんね!
また、Apple Music の 3D 空間オーディオ対応が始まっており、Dolby Atmos による 3D 空間オーディオ(Spatial Audio)機能が続々と追加されています。H1 / W1 チップ搭載の AirPods 等で視聴可能で、Apple TV や M1 チップ搭載の Mac でもサポートされるようです。 


以上、6月の定例会の報告でした。

次回7月の定例会は、7月17日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「新型 AppleTV 4K について!」ということで、数年ぶりに買い替えた新型 AppleTV について、新機能や使い勝手など見ていきたいと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年7月5日現在の情報です。

2021年6月6日日曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(May, 2021)テーマは「4月の Special Event と AirTag について!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年5月の定例会は「4月の Special Event と AirTag について!」ということで、2021年4月の Special Event で発表された内容と、AirTag について購入レビューをして頂きました。

2021年4月の Apple Event は「Spring loaded.」とタイトルが付けられて、新型 iMac や iPad Pro 、そして何より新製品である「AirTag 」が発表されました。

まずはM1チップが搭載された、新デザインの iMac 
デスクトップではありますが、CPU のコアと一緒のところにメモリが搭載されており、もはやユーザが事由にメモリを増設できない仕様となりました。今後登場するかも知れない iMac Pro だと変わってくるかも知れませんが、大容量メモリが必要な作業をされている方は、注意が必要かも知れません。

それにしても7色展開のポップなデザインと、側面の薄さ11.5mm とかなり面白いマシンになっているのではないでしょうか。個人的には Touch ID 付の Magic Keyboard がリリースされたのも見逃せません!

次に、M1チップが搭載された iPad Pro
前世代より CPU が50%高速化し、搭載ポートが USC-C から Thunderbolt へ変更となりました。
無線 LAN 規格は5Gに対応し、プロモデルとして順当な進化を遂げている印象ですね!
定例会のようす
そして今回登場の新製品「AirTag 」!
昔からこういったプロダクトがリリースされるはずだ!と長年言われ続けてきたように思いますが、満を持しての登場です。
直径31.9mm/厚さ8mm/重さ11gとかなりコンパクトなサイズ感で、碁石のようだと表現されていますが、価格は1個 3,800円/4個セット 1万2,800円と、なかなかの設定です。

メンバーの皆さんの中で購入された方にレビューを聞いてみました。
「屋外での紛失より屋内での紛失の時が役に立ちそう」や「財布に入れていると、意外と音が聞こえない」や「何かの中に入れておくより、キーケースとか外部が良い」などの声があり、あくまで身近な物がどこにいったか分からなくなった時に、音を出したりして探す手伝いをしてくれる。というイメージですね。

刻印3文字可で、コピペすれば日本語もいけるようです。
推奨される主な取り付け先としては、鍵・かばん・財布など。車に置いて探すと15mくらい離れると厳しいようです。
あとは要望として、Apple Watch から探せるようになって欲しいとの声がありました。
 
ちなみに今回もうひとつ「 Apple TV 4K 」もリリースされましたが、こちらは私が購入予定のため、次回(またはその次の回)のネタに取っておきたいという事で締めさせていただきました! 


以上、5月の定例会の報告でした。

次回6月の定例会は、6月19日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「WWDC 2021について!」ということで、2021年6月8日に開催されるの WWDC 2021 で発表される内容を見ていきたいと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年6月6日現在の情報です。