2011年12月1日木曜日

【書籍紹介】医療現場iPad実践ガイド/監修:杉本 真樹、編著:エクスナレッジ医学編集部が発売されます。

Share to Hatena
医療分野でのiPhone/iPad活用で第一人者と言っても過言ではない、神戸大学 大学院医学研究科 特命講師医学博士である杉本 真樹先生が監修された「医療現場iPad実践ガイド」が本日より発売されます。

当ブログでは、OsiriX生体質感造形(Bio-texture Modeling)について講演された、杉本先生のセミナーレポートを「医療分野におけるタブレット端末の活用」や「新世代DICOMビューアApp:OsiriX HDのご紹介」で記事にしています。

以下、Amazonからの内容紹介の抜粋です。
医療でのiPad/iPhone利用はすでに、トライアルの段階から臨床での実践段階へと確実にステップアップしています。電子問診票から電子カルテ、在宅医療/在宅介護のスタッフ連携システム、外科手術ナビゲーションまで、さまざまな医療シーンで活用され、実績を上げています。
本書は座談会、事例紹介、医療現場でのiPad設定、注目の医療系アプリなど、医療現場でのiPad/iPhone実践例を多面的に紹介。iPad/iPhone利用のノウハウ、アイデア、レポートがぎっしり詰まった医療現場必携のガイドブックです。


前作となる「医療現場iPad活用ガイド」からさらに進化し、活用から実践へ。
様々な医療機関で利用されるiPhone/iPadの実践集ということで、ご興味がおありの方はぜひどうぞ!
医療現場iPad活用ガイド App
カテゴリ: ブック
価格: ¥2,100


※価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※平成23年12月1日現在の情報です。