2011年11月22日火曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Nov,2011)「事例に学ぶ、様々なシーンで活用されるiPhone/iPad」

Share to Hatena
長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2011年11月の定例会は、11月19日(土)18時~JR長崎駅前の「えきまえ」いきいきひろばにて開催しました。

今月のテーマは、「事例に学ぶ、様々なシーンで活用されるiPhone/iPad」という事で、今月開催したApple BUとも共通したテーマだったのですが、最近特に増えているiPhoneやiPadの活用方法に着目し、医療・教育・ビジネス等の分野における活用事例について取り上げました。

今回の定例会内容をレポートします。
まず、Apple BUで学んだ活用事例をいくつか紹介しました。

【川崎重工 様】
坂出工場に200台のiPadが導入。
Autodesk IPM Viewerを活用して、従来紙だった3Dの図面を直感的にiPadで操作できるようなシステムを構築。
Inventor Publisher Mobile ViewerApp
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料


【Audi Japan 様】
カタログの電子化に加えて、車種ごとの特徴や機能をiPadで直感的に分かりやすく表現し、商談の際に活用。
Audi A8 - The Art of ProgressApp
カテゴリ: ライフスタイル
価格: 無料

次に、Apple BUの直前のセミナーで中山氏が講演されていた事例の中から2つをピックアップ。特にガリバーインターナショナル様の事例は、メンバーの鼎さんが数日前に実際に体験されたもので、身近にiPadが活用されている好例になったのではないでしょうか。

【ANA(全日空)様】
キャビンアテンダント約6,000人にiPadを配布。約2年10カ月の研修期間の中で使用するマニュアルの管理業務改革を行い、常時携帯が必須だった紙のマニュアル約2.1kgなどの軽量化や薄型化に成功。
ANA Virtual Airport App
カテゴリ: 旅行
価格: 無料

【ガリバーインターナショナル 様】

「会社案内アプリ」「受付業務アプリ」「検査・査定用アプリ」「画像販売アプリ」「顧客管理用アプリ」の5つの専用アプリを開発。

次に、医療系の事例を2つほど。
ちょうど定例会の前日がFileMakerセミナーだったということもあり、FileMakerの事例も紹介しました。

【愛媛大学医学部附属病院 様】
従来の紙の問診票をiPadに変え、紙の記入で平均13分ほどかかっていた入力時間が平均6分に短縮。また、紙の問診票を受付でPCに入力する際の間違いや、書かれた文字が読めない等のトラブルを抑えることに成功。
BEAR-D App
カテゴリ: メディカル
価格: 無料


【FileMaker Goアプリ】
国立長寿医療研究センターの高齢者総合機能評価入力システムや、国立循環器病研究センターの問診票作成システムなど。FileMakerを利用することで、オリジナルアプリを開発・審査・アップデート対応する手間とコストを抑えることができます。
FileMaker Go App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥1,700


FileMaker Go for iPad App
カテゴリ: ビジネス
価格: ¥3,450


最後に、yusabouさんから建築や設計分野のお話が出たので、CADのアプリや建築設計データの3D表示ができるアプリをご紹介しました。
今後、色々な分野でiPhoneやiPadが利用されていき、どんどん身近になっていくのでしょうね!
AutoCAD WS App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料


3D家ビューア App
カテゴリ: ライフスタイル
価格: 無料


以上、11月の定例会レポートでした。
来月の定例会は、第3土曜日の12/17(土)に開催します。

内容は、来年2月に開催される「AUGM大分」で上映予定のショートムービーの撮影を行います。
普段の定例会や懇親会のようすを数カット撮影するので、ぜひ皆さん奮ってご参加ください(顔出しがNGな方は後ろ姿だけでもぜひ!)
詳細は後日メーリングリストにて告知します。

※価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※平成23年11月22日現在の情報です。