2012年3月27日火曜日

医療分野での3D映像技術の活用事例。OsiriXを利用した3D医学教育とiPadナビゲーション手術について。

Share to Hatena
いよいよ神戸大学 杉本先生をお迎えしてのイベント「想いが届くプレゼンテーション思考術 ”Presentation Thinking” 」の開催日が今週末3月31日(土)に迫ってきました。

現在34名の方に参加申し込みを頂いており、まだ席には余裕がありますので、参加登録がお済みでない方はぜひこちらのイベントページからよろしくお願いします。

さて、杉本先生は様々なご活動をされていらっしゃいますが、本業である医療分野ではいちはやく外科手術にiPadを導入されるなど、先進的な取り組みをされていらっしゃいます。

今回、先生から医療分野での3D映像技術の活用事例をご紹介頂きましたので、当ブログでも取り上げます。

3D映像と言えば、先日開催されたAUGM大分で出展したショートムービーを、3D技術を利用して作成したのが記憶に新しいところですが、実際に医療現場では3D技術の導入が始まっているようです。

どのようなものかと言うと、私が文字でお伝えするよりも下の動画をご覧頂く方が早いです。
まさに先日作成したような、赤青メガネを着用して見るタイプの3D映像をiPadで表示させ、立体的に体内の状態を把握することができるようです。
神戸大学杉本真樹医師は、医療画像を汎用コンピュータに取り込み閲覧・加工できるアプリケーション(DICOMビューワOsiriX)をジュネーブ大学と共同開発し、全世­界へ無償で配布している。OsiriXは2D, 3Dへ加工した医療画像をモバイル情報端末iPad/iPhoneへ転送できるため、個人単位での利用に最適である。さらにステレオ立体視機能を標準装備しており、赤青3­Dメガネを装着するだけで患者の病態が立体的に把握できる。神戸大学消化器内科では、医学教育にあたり個々の学生が自分でiPad上で直接画像操作しながら、自分で診断を­下すような模擬診療を取り入れるなど、自主的医療教育を行っている。
さらに神戸大学外科と共同で, カーナビゲーションのように手術にiPadを利用し、
手術の安全性や確実性、時間短縮などに貢献させている。同様に外科医不足解消の糸口として、若手外科修練・外科教育にも活用している。
これらのシステムはICTネットワークへの連携機能も備えており、経済性も高く、医療費削減や遠隔医療の発展、地域医療格差の是正につながることが期待される。
OsiriX」がステレオ立体視機能を標準装備しており、Mac/iPhone/iPadと様々なデバイスに対応しているからこそできる技術で、3D映像は視差6cmで作製されているそうです。

それでは、実際に3D映像を見てみましょう。上の映像ではiPadの画面がさすがに見辛いですので、下の映像をご覧ください。
※3Dで見るためには赤青メガネが必要です。AUGM大分に参加された方は、私が全員配布した赤青メガネをご利用ください(^^)

こちらの映像では最初の方は説明が入りますが、中盤から実際の3D映像が流れます。

AUGM大分の200名程を収容できる大規模会場で、かつプロジェクタ&スクリーン投影でも会場のほとんどの方が3Dで見えたことを考えると、1台のiPadで複数の医師が赤青メガネを着用して見た場合でも、かなり正確に見れるのではないかと予想しています。

ということは、患者さんへの手術の事前説明の場合なども、この方法は有効ということになり、iPadというタッチスクリーンによる直感的な操作性のデバイスと合わせて、自分の体内の状態をかなり直感的に知ることができるという意味でも、この「iPad×3D映像」の効果は高いのではないかと思います。
無償DICOMビューワOsiriXは、医療画像解析とPACS機能に優れたアプリケーションです。MDCTよりvolume renderingした再構築画像を, ワンクリックでステレオ3Dに変換できます。実際の医療現場でも、赤青3Dメガネを装着し立体視が活用されています。特に治療処置や手術に利用されています。
OsiriX Navigatorは、OsiriX公認日本語解説アプリです。
今週末に開催される「想いが届くプレゼンテーション思考術 ”Presentation Thinking” 」では、このあたりの先進医療技術のご紹介も頂く予定ですので、ご興味がおありの方はぜひお気軽にご参加ください!(イベントページ



【講師プロフィール】
杉本 真樹(すぎもと まき)

医師, 医学博士
帝京大学病院, 国立病院東京医療センター, 帝京大学ちば総合医療センター, 米国退役軍人局パロアルト病院を経て, 現在神戸大学特命講師、帝京大学医療情報システム研究センター客員教授を兼任.  2008年米国Apple本社のサイエンス/メディカルwebページをデザイン.  iOSアプリ「OsiriX Navigator」「医療画像解析アプリOsiriXパーフェクトガイド」「医療現場iPad実践ガイド」をプロデュース. 日本外科学会専門医, 日本内視鏡外科学会技術認定医, 日本消化器内視鏡学会専門医.


OsiriX App App
カテゴリ: 医学
価格: 無料

OsiriX HD App
カテゴリ: メディカル
価格: ¥2,600

医用画像解析アプリ OsiriXパーフェクトガイド App
カテゴリ: ブック
価格: ¥5,200

※価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※記事内容は平成24年3月27日現在の情報になります。