2021年4月1日木曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Mar, 2021)テーマは「大手3キャリアの新プランについて!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年3月の定例会は「大手3キャリアの新プランについて!」ということで、ahamo や LINEMO や povo といった大手キャリアから出る新しい料金プランの特徴について見てみました。後半は、しくさんに Apple Watch での心電図機能についてお話を頂きました!

2021年3月から大手3キャリアが格安の料金プランを打ち出してきました。
それぞれ、docomo が ahamo 。SoftBank が LINEMO 。au が povo というサービス名称で、楽天は今まで通り Rakuten UN-LIMIT ですね。

各社、後出しジャンケンのように料金競争をしてきたのが印象的でしたが、3,000円未満で20GBの通信が付いてくるのはほぼ同じです。
各社とも、基本的に契約はオンラインのみとなり、ご高齢の方にはかなりハードルが高いような気がしますが、そういう部分でコスト削減しているので仕方ありませんね。

音声通話定額のプランが最初から含まれているのが ahamo で、オプション扱いなのが LINEMO と povo です。

留守番電話サービスキャリアメールに関しては、3キャリアとも使えなくなるので、注意が必要な部分ですね。

また、Apple User Group としては Apple Watch 対応も気になるので取り上げましたが、Apple Watch のセルラーモデル(私のように Wi-Fi モデルの場合は関係ありません)をご利用の場合、ahamo と LINEMO は使用不可となり、povo はウォッチナンバーを au から移行した場合のみ利用可能となるようです。
定例会のようす

さて、次にしくさんに Apple Watch で新たに搭載された機能「心電図」について詳しく解説して頂きました。

watchOS 7.3 から心電図アプリが提供され、日本でも Apple Watch を使って日常的に心電図を取ることができるようになりました。

ただ、健康診断などで病院で使用される心電図測定器とはさすがに異なるため、医療用途として過剰に期待しすぎるのはいけないようです。

病院でで心電図の検査をするときには、手足や胸の周りにいくつも電極をつけて記録して、心臓の動きを電気的に12の角度から記録をしているようですが、Apple Watch で心電図を記録する場合は、デジタルクラウンに指で触れることで、そのうちの1つを記録するという事のようです。(すみません、詳細な部分はメモを取っていなかったので、うろ覚えです。)

心臓の動きは、電気の流れで正常に動作しているかどうかを見ることができ、電気の流れが異常な値を示すと「不整脈」や「心房細動」のような診断になります。

では、健康診断の時などで「特に心臓に異常がない」と診断されている場合、どのくらいの頻度で心電図アプリで30秒測定をすれば良いのかという目安ですが、「毎日のように計測する必要はない」という事で、何か気になる症状や普段と違うような違和感があった時に、目安の一つとして測定するのは良いかも知れませんが、むしろそういった違和感がある場合は心臓の事ですので躊躇なく医療機関を受診した方が良いのかも知れません。

とは言っても、今まで病院に行かなければ測定することができなかった心電図が、Apple Watch で気軽に測定することが可能になった(精度は今後の技術の発展に期待するとして)のは、大きな進歩のような気がします。Apple Watch では心電図だけではなく、心拍数や歩数などヘルスケア向上のための色々なデータを意識せずに蓄積できるのが魅力なので、これからもどんどん機能強化していく事に期待ですね!


以上、3月の定例会の報告でした。

次回4月の定例会は、4月10日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「最近購入したデバイスやサービスで印象的なもの!」ということで、いよいよネタが尽きてきましたので、フリートーク中心でいこうと思います。ここ最近買って良かったと思うようなデバイスやサービスなど、参加メンバーに自由に話して頂こうと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年4月1日現在の情報です。

2021年3月18日木曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Feb, 2021)テーマは「話題の音声SNS、Clubhouseについて!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年2月の定例会は「話題の音声SNS、Clubhouseについて!」ということで、ここ1〜2月で急激に話題となり一般認知度も上がっているアプリ Clubhouse について特徴を見てみました。

アプリ自体は、アメリカのベンチャー企業「Alpha Exploration」が2020年春にリリースした SNS アプリで、今のところ iOS しか対応していないのが特徴です。

日本では2021年1月末頃から一気に話題となり、テレビなどでも連日話題の音声 SNS という事で取り上げられたようです。

最大の特徴は「完全招待制」というところで、特に流行初期は限られたメンバーしかおらず、また招待枠も2枠程度と少なかったため、プラチナチケットになっていたようです。
招待には電話帳アプリに電話番号が登録されていることが前提となっており、そのため電話帳のデータがアップロードされてしまうため、ちょっと躊躇してしまう仕様ではあります。

サービスの特徴として、以下が挙げられます。
・サービス利用は無料
・会話/音声のみで交流する
・フォローし、フォローされることでユーザー同士繋がる
・いいねやコメント機能はない
・完全招待制
・音声は録音不可
定例会のようす
そして、実際に Clubhouse にご招待する形で、それぞれアプリにログインして頂き、使い勝手を見てみました。

身近な知り合いとゆるく繋がる、ラジオ感覚の SNS といった表現が近いのかも知れません。
芸能人や有名人も数多く参入しており、自分の興味のある話題やユーザーをフォローすることで、興味のありそうなルームが表示されるようになります。

こういった新しいサービスが急速に普及しやすくなり、また飽きられるスピードもどんどん早くなっているように感じます。
配信者に対するインセンティブなど、まだまだ今後課題となりそうな部分もありますので、プラットフォームとして残っていくか、一時の流行りで終わるかは、今後の運営の方針やスピード感にかかっているといったところでしょうか。


以上、2月の定例会の報告でした。

次回3月の定例会は、3月27日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「大手3キャリアの新プランについて!」ということで、ahamo や LINEMO や povo といった大手キャリアから出る新しい料金プランの特徴について見ていきたいと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年3月18日現在の情報です。

2021年2月11日木曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Jan, 2021)テーマは「iOS 14の新機能について!」


長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2021年1月の定例会は「iOS 14の新機能について!」ということで、今秋にリリースされたiOS 14の新機能などを見ていきました。

普段 iPhone で利用する機会が多い iOS ですが、毎バージョン結構な数の新機能が追加されていっています。定例会でも全てではありませんが主要な機能を見ていきました。

まずは「着信時のバナー通知」です。
今までは電話着信時は全画面が強制的に切り替わっていましたが、作業の邪魔にならないようになったので、ありがたいですね!

次に「ホーム画面へのウィジェット追加」ですが、今までアプリアイコンで使い慣れていたので、こちらは常時表示したいウィジェットがあるかどうかで決まるのかなと思います。私の場合は特にホーム画面に置きたいウィジェットが見当たらず。。

続いて「App ライブラリ」がホーム画面から右にスワイプしていった最終画面に追加されました。インストールされているアプリがカテゴリ別に表示され、今までアプリをフォルダ化するのと違いが分かりづらいですが、自動でカテゴリ分けされるのと、インストールしたけどもホーム画面には表示させたくない場合などに利用されるのかなと感じました。

次に「App Clips」ですが、この機能は残念ながら誰も使ったことがなく、使えるお店などがなければそもそも使う機会もないと思うのですが、こちらの記事に事例がありました。
インストールするまではないけど、一時的に使いたい機能を「ミニアプリ」のような形で提供する機能で、そのお店限定でしか使わないアプリのインストールに抵抗を感じるケースというのは結構多いと思うのですが、この機能を使えばインストールすることなく利用可能です。
Webサイトへの誘導でも事足りるような気もするのですが、「ユーザ登録の手間も不要」で「Apple Pay を利用した決済が可能」になるので、今後活用の幅が広がっていく可能性はあると思います。

その他、諸々純正アプリでの新機能なども見ていきましたが、一つずつ挙げたらキリがないのでこの辺で。全てが使う機能という訳ではありませんが、それぞれ見ていくと今後の方向性が見えてくるような気がして面白いですね!


以上、1月の定例会の報告でした。

次回2月の定例会は、2月20日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「話題の音声SNS、Clubhouseについて!」ということで、ここ数週間で急激に話題となり一般認知度も上がっているアプリClubhouseについて特徴を見ていこうと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年2月11日現在の情報です。

2021年1月4日月曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Dec, 2020)テーマは「macOS Big Sur について!」


長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2020年12月の定例会は「macOS Big Sur について!」ということで、今秋にリリースされたBig Sur の新機能などを見ていきました。

今回 OS X から OS XI へのメジャーバージョンアップということで、なかなかメイン使用の Mac にインストールすることはできませんが、サブ機がギリギリ対応機種だったのでデモ用に使いました。

ちなみに、今回の最低ハードウェア要件は、
MacBook Air 2013以降
MacBook Pro Late 2013以降
MacBook 2015以降
Mac mini 2014以降
iMac 2014以降
iMac Pro 2017以降
Mac Pro 2013以降

となっており、私の MacBook Air がちょうど2013年モデルだったためインストールできました。こういう場合たいていモッサリしていて、ギリギリ動くくらいだと思っていたのですが、意外にも挙動は安定しており、動作も Catalina より快適に感じました。

BigSur の一番の特徴は、アプリアイコンの角が丸くなったり iOS にインターフェイスが近づいた印象があります。
一覧で見ると、iPad の画面を見ているかのようで、つい画面をタップしたくなるのも無理はないなと感じました。

また、新たにコントロールセンターも追加され、こちらも iOS ライクで直感的な設定変更を行うことができます。
通知センターでウィジェットがカスタマイズできるようになったのも、よく使う方にとっては便利ですね。(個人的にはあまり活用できていませんが、、)

Safari などの Apple 純正アプリも着実に機能追加されており、メイン機で使っている Catalina と比べても新鮮さを感じることができました。使い勝手の部分は承継されているので、直感的に操作しやすいインターフェイスはさすがですね!
定例会のようす


以上、12月の定例会の報告でした。

次回1月の定例会は、1月16日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「iOS 14の新機能について!」ということで、今秋にリリースされたiOS 14の新機能などを見ていこうと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2021年1月4日現在の情報です。

2020年12月5日土曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(Nov, 2020)テーマは「11月の Apple Event について!」

長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2020年11月の定例会は「11月の Apple Event について!」ということで、日本時間11月11日(水)午前3時より開催された Apple Event で発表される製品やサービスについて見ていきました。

今回の「Apple Event」ではApple M1 チップMacBook Air13インチ MacBook ProMac miniがリリースされました。

定例会の時にはすでに発売されており、SNS などで手に入れた方々が皆さん爆速!とレポートされていたので、かなり気になっていたのですが残念ながら当日参加されたメンバーさんでゲットされた方はいらっしゃいませんでした。

M1」は Mac 向けの独自プロセッサで、インテルの CPU から16年ぶりの進化。
macOS も11となり、今秋のモデルは全て最適化された意欲的なモデルという事になります。

それぞれの Mac も非常に評価が高く、最近新たに Mac を購入した方が可愛そうになるくらいだとの声もあり、今夏に Mac を買い替えた私は残念組になりました笑
定例会のようす


以上、11月の定例会の報告でした。

次回21月の定例会は、12月19日(土)にオンラインでのみ開催します。
オンライン:Zoom ミーティング(メーリングリストにてURLお知らせ)

座談会の内容は「macOS Big Sur について!」ということで、今秋にリリースされたBig Sur の新機能などを見ていこうと思います。

なお、Zoom の URL は、不特定多数の方が参加できないようにメーリングリストにて配信させて頂きますので、ご了承ください。

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※2020年12月5日現在の情報です。