2013年6月11日火曜日

【イベント開催レポート】長崎アップルユーザグループ定例会(May, 2013)テーマは「iPhoto徹底解剖-実践編」でした。

Share to Hatena
長崎アップルユーザグループの定例会レポートです。

2013年5月の定例会は、5月25日(土)18時~JR長崎駅前の「えきまえ」いきいきひろばにて開催しました。
※AUGM長崎の準備に追われ、レポートがすごく遅くなってしまいました。申し訳ありません。

5月のテーマは「iPhoto徹底解剖-実践編」ということで、2月の定例会でも取り上げたiPhotoをもっと実践的な内容で、特に今回は前田さんがブラジルから帰国された直後ということで、旅行写真などを中心に様々な機能を実際に使ってみました。

定例会内容をレポートします。

今回はiPhotoを起動したら見ることができるヘルプの内容に従って進行して頂きました。

[1.写真を読み込む]

[2.写真を表示する]

[3.写真を補正する]

[4.写真をメールで送信する]

[5.写真のアルバムを作成する]

[6.スライドショーを作成する]

[7.フォトブックを作成する]

という7レッスンなのですが、今回は主に「人々」「撮影地」「写真に後からGPS情報を付加する」「写真を補正する」「アルバムを作成する」「スライドショーを作成する」機能を中心に進みました。
人々の機能
画像出典:Apple
「人々」の機能は自動顔認識の機能。最初は手作業で写真を整理する必要がありますが、ある程度その人の写真が増えてくると、精度良く自動で検出してくれます。
撮影地の機能
画像出典:Apple
「撮影地」は写真を撮影した際に付加されるGPS情報をもとに、世界地図にピンがプロットされます。
上の画像はAppleからの出典ですが、前田さんの撮影地画面を撮った方が、もっと世界中にピンがあったかも知れませんね;)

また、全てのカメラにGPS機能がある訳ではないので、iPhotoで写真にGPS情報を後から付加することができます。
私のiPhotoの撮影地マップを見ると、南太平洋上で撮影されたとされるビデオが数件表示されて驚きました(笑)
写真の補正
画像出典:Apple
写真の補正もiPhoto単体で結構詳細にできます。もちろんPhotoshopレベルとはいきませんが、一般的な補正であれば問題ないのではないでしょうか。iPhotoがMacの標準アプリであることを考えると必要十分です。
アルバム機能
画像出典:Apple
アルバムやスライドショーも、やはり写真の保管枚数が増えてくると使っていると便利です。最近はスマートアルバムも作れるようになっているので、色々な条件によって今後追加される写真を自動で分類することもできます。

以上、5月の定例会レポートでした。

6月の定例会は、第3土曜日の6/15(土)に開催します。
※会場は6号室になります。

内容は、AUGM長崎の翌週でしかもWWDC 2013の直後ということもあり、「WWDCとAUGM長崎 2013の振り返り」ということで、それぞれ発表内容やイベントを振り返ってポイントを整理してみようと思います。

詳細は後日メーリングリストにて告知しますが、皆さんどうぞよろしくお願いします!

※掲載商品の価格や機能等は変更になることがありますので、ご注意ください。
※平成25年6月11日現在の情報です。